坂下忠弘先生

坂下忠弘

千葉県出身。

桐朋学園大学音楽学部声楽科卒業。同大学研究科3年修了。第53期二期会オペラ研修所マスタークラス修了。第9回中田喜直記念コンクール大賞(第一位)及び中田喜直賞受賞。旧奏楽堂日本歌曲コンクール第22回歌唱部門入選。他多数入賞。歌曲の伴奏ピアニストとして半世紀以上も著名な活躍を続けるダルトン・ボールドウィンに【フォーレを歌うための声を持って生まれてきた】と称賛を受け、マスタークラスにゲストとして招かれる。

桐朋学園大学主催「声楽コンサート」・「日本歌曲の夕べ」・「若い作曲家による作曲展(初演)」、二期会主催「二期会オペラ研修所第53期修了生・成績優秀者による二期会新進声楽家の夕べ」に出演。またモーツァルト「レクイエム」・「ミサ・ブレヴィス」、フォーレ「レクイエム」、シャルパンティエ「真夜中のミサ」にソリストとして出演し高い評価を得、笹川日仏財団主催レクチャーコンサート等にも抜擢されている。

オペラでは、レハール『メリー・ウィドー』サン・ブリオッシュ(東京オペレッタ劇場)、メノッティ『霊媒』トビー(よこすか芸術劇場オペラ宅急便シリーズ)で存在感を示し、専門誌等においても高い評価を得、ヴェルディ『リゴレット』マルッロ、メノッティ『電話』ベン、モーツァルト『フィガロの結婚』伯爵・『ドン・ジョバンニ』タイトルロール・『コジ・ファン・トゥッテ』グリエルモ、モンテヴェルディ『ポッぺアの戴冠』オットーネ、リヒャルト・シュトラウス『アラべッラ』マンドリカなどで聴衆を魅了した。

2010年7月には初のソロリサイタル「バリトンリサイタル~シューマン生誕200年~」を開催、シューマン「詩人の恋」全曲を採り上げるなど、独・仏・日をはじめとする歌曲のレパートリーの幅を意欲的に広げている。

現在はリサイタル活動やオペラ出演を中心に活動する傍ら、多くのコンサートにゲスト出演。雑誌などのメディア掲載が予定されている。これからの活躍に目を離すことができない若き逸材。

二期会会員。

公式ウェブサイト:http://www.sakashita-tadahiro.com/